スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
インターンを振り返って・・・
「え?インテリジェンスのインターンに参加しようと思った理由?」

「大学でめちゃくちゃ可愛い2個上の先輩がインテリジェンスに入社していて
インテリジェンス行ってみたいと思ったからです。」

最後の記事というのにしょうもないダダ漏れですみませんDocomo_kao8
パパラッチ隊の大塚智貴です。

7日間のインターンも残すところあと1時間・・・
最後に、インターンを通じて僕が感じたこと、学んだことをダダ漏らせて
有終の美を飾っていきたいと思いますエクステンション

まず、このインターンで学んだこと一言でいうと、

「就活も仕事も根底にあるものは同じ」

ということです。

あ、この伝えたいことをはじめに書く。
というのは二日目の記事作成講座で学びました。

このテクニックはESや面接にも使えるので、
よく話の前置きが長い!と友達に言われたり、だらだらとESを書いてしまう人は
意識してみるといいかもしれません。

さて、実際に聞いた社員さん、そして社長の話をすごく簡単にまとめると、

「仕事」というのは何かニーズや課題があり、それを解決し、
対価を得ることで成り立っている。


ということみたいです。
たとえば、IBSならヒト×ITで「はたらくを楽しむ」ためのサービスを
世の中に提供することでお金をもらっています。
「実はこれ、就活にもあてはまるのではないか?」

新卒採用の方たちと7日間過ごすことで、
新卒採用に関するあんなことやこんなことを聞いた
私はこう思ったのです。

新卒採用グループはまず「採用したい人物像」を決めます。

これこそ就活におけるニーズです。

それに対し、自分を売り込む!きっとこれが就活です。

もし営業の人のサービスの説明がとても表面的だったら
お金を払いませんよね。

就活も同じです。

ただ、「成長したい」「自分に合っているから選びました」ではなく、
自分を知ってもらうために、実績やエピソードを交えて
よりわかりやすく伝えることを心がけることが大事です。


と、人事のみなさんはおっしゃっていました。

まさに、仕事と一緒ですね。
こうして社会人の一歩を歩んでいくんですね。

個人的に、自分は、企業のこと全然知らないな。
と思いました。

まずは、どんなサービスがあり、社会がどのように動いてるかを
もっと調べ、自分が戦えるフィールドがどこであるかしっかり定め、
就活に向け、力をつけていこうと思います。

最後となりますが、他の学生がなかなか出来ない貴重な体験をさせてくれた
インテリジェンスの新卒採用グループの皆さん、本当にありがとうございました。

約1年後、いい報告ができるようにこれから頑張っていきたいと思います!!
| インターンシップ | 10:16 | - |
スポンサーサイト
| - | 10:16 | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS